エントリー一覧

本当は傷つきやすいニキビ跡

メイクアップでは傷などを目立たなくする行為に主軸を据えず、メイクを通じて最終的には患者さん本人が自らの外見を認め、復職など社会生活への新たな一歩を踏み出すこと、またQOL(生活の質)をもっと向上させることが目標なのです。

アトピー性皮膚炎とは、アレルギー様の反応と関係しているものの内、特にお肌の持続的な炎症(湿疹・掻痒感など)が出現するもので要は皮ふ過敏症の一種だ。

肌の生成に欠かせないコラーゲンは、有害な紫外線をもろに浴びたり何らかのダメージを受けてしまったり、心身のストレスが徐々に積み重なったりすることで、組織を壊され、更には生成されにくくなってしまうので注意しなければなりません。

押し戻してくる弾むようなお肌のハリ。これを左右しているのは、あのコラーゲンなのです。スプリングの働きをするコラーゲンが充分にお肌を下支えしていれば、肌はたるみとは無縁でいられるのです。

心臓から離れた位置にある下半身は、重力の関係でリンパ液の循環が滞留するのが一般的だ。むしろ下半身にみられる浮腫は、リンパがちょっと鈍くなっているというサインのひとつ程度のものだと解釈するほうがよい。

頬など顔の弛みは老けて見える主因に。肌の張りや表情筋と呼ばれる筋肉の硬化がたるみへと繋がりますが、それに加えて暮らしの中のささいな癖も誘因のひとつです。

日本での美容外科の歴史の中で、美容外科が「紛れもなく正式な医療行為」との見識と地位を手に入れるまでには、思いのほか長い年月を要した。

夕方でもないのに普段そんなに浮腫まない顔や手にむくみが見られた、十分眠っているのに脹脛のむくみが取れない、といった場合は病気が潜伏している可能性があるので内科医の適切な診察が必要だといえる。

ことに夜の10時~2時までの4時間は肌のゴールデンタイムで、お肌の新陳代謝が一層活発化します。ここで寝ることが最良の美容方法ということは疑いようのない事実です。

日本において、皮膚が白くて黄ぐすみや目立つシミが見られない素肌を目標とする美意識はかなり前から存在しており、「色の白いは七難隠す」という諺があるくらいだ。

美容誌でまるでリンパ液の滞りの代表格みたいに説明される「浮腫」には大きく2種類に分けて、体の内側に病気が隠れている浮腫と、病気ではない健康な人にも現れるむくみがあると考えられている。

メイクアップの欠点:うっかり泣いてしまうとまるで修羅のような怖い顔になってしまう。ほんの少し間違えても下品になってしまい地雷を踏む。顔の造りをごまかすのには甚だ苦労する。

寝る時間が不足すると人の肌にはどんな影響をもたらすかご存知でしょうか?その代表格が皮膚のターンオーバーの乱れです。正常なら28日毎にある肌の生まれ変わる周期が遅れます。

「デトックス」法には危険性や課題は無いと言えるのだろうか。だいたい、体内に蓄積されてしまう「毒素」というのは一体どのような物質で、その毒素とやらは「デトックス」の力で体外へ流せるのだろうか?

歯の美容ケアが必要と感じている女性は増えているものの、実際にしている人はまだ少数だ。最も多い理由が、「どうやって手入れしたらよいかよく知らない」というものだ。

スポーツなどで汗をかいて体のなかの水分が減少すると自然に尿量が減らされて代わりに体温調節に欠かせない汗用の水分が蓄えられるため、この水分が使用されずに不愉快なむくみの原因になります。

近頃人気の頭皮ケアは別称スカルプケアとも呼ばれます。頭皮(スカルプ)は毛髪のトラブルである抜け毛やうす毛などに密に関係していると供に、フェイスラインの崩れやたるみにも影響しています。

常時爪の具合に注意を払うことで、わずかなネイルの異変や身体の変化に気を配って、更に自分に合ったネイルケアを実践することが可能だ。

アトピー性皮膚炎とは、いわゆるアレルギー症状と関係しているものの中でことさら皮膚の強い症状(湿疹・掻痒感など)が表出するもので要するに過敏症の一つだ。

現代を生きていく身としては、体の内側には人体に悪い影響を与えるケミカルな物質が取り込まれ、更には私たちの体の中でも老化を促すフリーラジカルなどが次々と生成されていると報じられている。

審美歯科(aesthetic dentistry)とは、美しさに重きを置いた総合的な歯科医療のひとつ。歯の存在意義には咀嚼などの機能面と表情を明るくみせるなど審美的な側面があり、両者ともに健康に関わっているとても重要な要素なのだ。

化粧の利点:外見が向上する。メイクもマナーのひとつ。実際の歳より年上に見てくれる(あくまで24才以下限定です)。人に与えるイメージをその日の気分で変えられる。

硬直したままでは血行が良くなるはずがありません。最後には、目の下の辺りを始め顔の筋肉の力が衰えます。そこで顔中の筋繊維もストレッチをしてあげて、しばしば緊張をほぐしてあげることが必要です。

化粧の良いところ:新商品が発売された時のドキドキ感。自分のすっぴんとのギャップにはまる。様々なコスメにお金をつぎ込むことでストレスを発散される。化粧をすること自体の楽しみ。

乾燥による痒みの要因の大半は、老化に縁る角質層の細胞間脂質と皮脂分泌の衰えや、クレンジングなどの頻繁な利用による肌の保護機能の消失によって引き起こされるのです。

我が国では、肌色が明るく淀んだくすみや茶色いシミが見られない状態を望ましいと思う美意識が現代よりも昔から根付いており、「色の白いは七難隠す」ということわざがそれを裏付けている。

歯のビューティーケアが肝心と考える女性は増加しているが、実際におこなっている人はごくわずかだ。その理由の中で最も多いのが、「どのようにケアすればよいのかよく知らない」というものだ。

ドライ肌は、皮膚の角質の細胞間脂質と皮脂の量が標準よりも減衰することで、お肌から水分が失われ、肌がパリパリに乾燥する症状のことです。

爪の作られ方はまるで木の年輪のように刻まれるというものであるため、その時点での健康状態が爪に出やすく、毛髪と同じようにすぐに見えて分かりやすいことから健康のバロメーターとも言われている。

その時に大多数の医師が利用するのが、美白化粧品に配合されているビタミンC誘導体だ。外用抗菌薬と一緒に使用すれば半年前後でほぼ全快に導けた事例が多いのである。

メニュー